産後の継続ケアをご利用して頂いた10月中旬出産のYさん

出産直後からお付き合いさせて頂いて、どうしても直接母乳がうまくいかないとご相談を頂いてました。

当初、赤ちゃんが眠ってばかりで授乳するタイミングに悩んでいらっしゃいました。直接母乳もトライしても赤ちゃんがどうしても乳首をとらえきれず怒って泣いてしまう…


直接母乳で飲めるようになるには、お母さんと赤ちゃんが準備できるまで、しばらくかかることが予想されました。
そこで、継続ケアをご案内しました。


継続ケアのメリットは、
2週間ないし1カ月まるっとお手伝いするので、次回はいつお手伝いするとよいか助産師として見極めながらご提案させて頂けます
たまにメールでいろんなご相談をお受けできたり、ぐっと近い距離感でお手伝いできます。
訪問にかかる時間や回数を考えてもかなり料金的にお得だと思います。



Yさんも母乳育児がうまくいかないと悩んだ時、もうおっぱいなんてやめたい…‼️って言われた時もありました。
私も強制はしません。

だけど、お話を聞いたり、ご家族に相談したりしながら、直接母乳を目指して何とかがんばってきました


訪問して身体を整え、おっぱいを触らせて頂いて、授乳を一緒にトライ…
そのフルコースは、いつも2時間は軽くかかりました。


そしたら、つい先日産後1カ月と1週間くらいでやっと、やっと、やっと…‼️
直接母乳で両方のおっぱいを吸ってくれるようになりました


吸えた時、やったぁー‼️って2人で喜びました。
がんばってきて本当によかった
がんばったよね〜 っていいながら、
Yさんとしばらく感動の余韻に浸ってました


Yさんは今回のことを振りかえってみると、


「こんなに直接母乳が吸えないなんて思ってもみなかった。1人でやってたらとっくに諦めていたと思う。
1カ月ちょっとかかって大変だったけど、がんばってよかった」


とおっしゃって下さいました。
初めてのお子様で直接母乳をあげるようになるプロセスも想像もできないそんな中で過ごすのは本当に心細かったと思います。


でも、Yさんがここまでがんばってきた事は無駄ではなかったんです。
こんなにがんばった後に押し寄せる感動の大きさは本当に素晴らしいです




Yさん、本当によくがんばってこられましたね❗️
1カ月ちょっとかかったけど、これから続く1年程のおっぱいライフを楽しんで下さいね