最近出産する女性の平均年齢はどんどん上がってきて、今は初産婦さんで30.4歳になっています。5年くらい前まではまだ29歳でした。

産科で働いていると、初産婦さんなら35歳前後ならまあまあいらっしゃいます。わりと珍しくはありません。40代になるとやっぱり珍しいですね。不妊治療をやっている産院なら40代はぐっと増えますね。
2人目以降となれば、30代後半は普通にすら感じます。

高齢出産の方は、やはりリスクがありますので、助産師としても注意して関わります。

流産や早産や妊娠高血圧症候群など様々なリスクがある中で、もともとの体質や日々の体調管理のおかげでなんとか予防できるリスクもありますが、やはり染色体異常の赤ちゃんの可能性があること、経膣分娩できる体力や柔軟性があるかどうかについては出産するまで分からないとしか言えません。


ダウンちゃんなどの染色体異常については妊娠する前からよく話し合う必要がありますが、そうでない事も多いので何となくスルーされてきていないか心配なところです。

特に高齢出産かつ初産婦さんであれば、体の柔軟性や体力については十分な準備をして臨むことをオススメします
とにかく出産がスムーズになる努力を惜しまないで頑張りましょう。


高齢出産は年齢で区切りがあるものの、リスクは30歳すぎから徐々に高まります。

とはいえ、高齢出産だと自分で認識すると、かなり若々しく意識の高いステキな妊婦さんもたくさんいらっしゃいます


子どもを本当に待ち望んでいたし、

これまでの仕事を思い切りやってきたし、

自分の人生で今が産みどき!


そう感じて出産される女性は輝いていますね


私も不妊治療の末の高齢出産ですし、ひいき目で見てるかもしれません…

だからこそ、高齢出産の妊婦さんにかんばってほしい❗️
というか、一緒にがんばりましょう❗️

高齢出産③はこちらから↓↓↓

高齢出産①はこちらから↓↓↓