自分にとっての産みどきで産めるのって幸せですよね。それは人それぞれですね。

最近は妊婦さんでも仕事をしている方が多いので、妊娠時期に出産育児の事を考えるヒマもなく、毎日疲れやすくてせめて体を休めることで精一杯という方もとっても多いです。
そんな中、出産育児という今までの生活や考えが激変するイベントが迫ってきます。


20代前半の出産はさすが安産だわーと思うことはありますが、20代後半になってくると体質や生活習慣によって30代の方とそんなに変わらないことも良くあります。


だいたいの妊婦さんは、妊娠中どんな事をやってもいいという世代ではないということですね…


親や祖母の時代とは、世代も生活も違うので同じように安産できるとも限りません。


何となく妊娠したから、きっと順調に産めるだろうという感覚は女のカンとしては大事ですが、アテにはなりません。


それだけ女性が命がけでする出産について、軽々しく言えないほどいろんな出産を見てきました。


今の社会生活では教わらない、出産という本来自然な営みになじんでいく移行期間が妊婦でいられる時期かなとも思います。


だからこそ…!


出産について、女性はその後の人生で何度も子どもや周りの人達に語る機会があります。

出産がつらい思い出だったら、聞かれるだけで気が重〜くなります。
出産か幸せな思い出だったら、毎回笑って語れます。


その姿を子どもにも見せることになります。子どもは自分を産んだ時、お母さんってこんな思いしてたんだーって見てるんです。
内容は後悔の残るお産だっていいんですよ。それに気づいたこと、考えたことを伝えればいいんじゃないでしょうか。それを話すことを自分が許したこと。それがすばらしいんです。



これが何よりもの性教育です。


これから大人になる子ども達がいつか自分にも子どもがいたらいいなって思ってもらえるような話を聞かせてあげたいですね