こもれび助産院のブログをご覧いただきありがとうございます
助産師の田嶋恵子です。

前回の産院選び①(医師編)はこちらから↓↓↓


第2回は出産編です。
産院選びの時点で何を聞くといいでしょうか?
これは、人によって違っていていいと思います。
ただ、出産や母乳育児については助産師に聞いた方がいいのですが、そもそも外来に助産師がいない所もあります。
助産師がいなければどうしたら会って話が聞けるか外来の看護師に聞いてみましょう。そこは大きな産院であるほど、事務に聞くより、看護師に聞くべきです。


外来に助産師がいない産院は、助産師不足は間違いないでしょう。
出産の時看護師が対応することもあるかもしれません。最後の赤ちゃんが産まれる瞬間は助産師がいると思いますが、それまでの何時間もかかる陣痛の間、対応するのが看護師もあるかもしれないという事です。
看護師でも熟練した方もいるのですが、陣痛の間にどのように過ごすか、専門的なアドバイスができるのは助産師しかいないと思います。安産をめざすなら、その間に助産師がちゃんと関わってくれるかが重要です。

そして、1日に何人くらい産まれるのか聞いてみましょう。
たぶん、人気のクリニックで毎日平均3〜5人、多いと8人くらい産まれると言われたら、スタッフはかなり忙しいので、陣痛の間、タイミングが合わないと全く助産師が来てくれないこともあると思われます。つまり、家族だけで出産のほとんどの時間を乗り切ってねと言われているようなものです。
こういう産院はわりと多いです。

1日に1〜2人産まれると言われたら、スタッフは余裕を持って対応してくれる可能性があるとは言えます。あなたが出産している瞬間、他の人が同時進行で出産しているという可能性は低いからです。
ただ、ずっと助産師がぴったりくっついてサポートしてくれることを望むなら、おそらく助産院で産むことをオススメします。


え?どうゆうこと?出産のこともっと知りたいと思ったあなた!
お産の現場の人々の記事をご覧下さい。↓↓↓

助産院をオススメする訳を知りたいあなた!
助産師がずっとつきそうお産の記事はこちらから↓↓↓


助産院で産むことはできないけど、安産できるようにしっかりサポートしてほしい方で関市周辺で出産予定の方は、私に出産サポートを依頼して下さい。サポートの有無によってあなたの出産が劇的に変わることは間違いないでしょう

こもれび助産院の出産サポートについてはこちらから↓↓↓

少し話がそれてしまいました。
本題に戻りますね。

確認することは山のようにあると言えばありますし、個人的な意見になりますが…

例えば、会陰切開はどれくらいの頻度で行われているかについて聞いてみます。 

産院の人も場合によると答えられてしまうかもしれませんが、ざっくりとほとんど全員なのか、半分くらいなのか、ほとんどやってないのかくらいなら教えてもらえるかもしれません。

もちろん、会陰切開というのは出産を急ぐ時に行われるなどに行われることも多いので、絶対にダメとか選べるものでもありません。でも、そういう場合って、半分もいかないのではないかと思います。

ですから、大半の人がそうだと言われれば、他の都合で切開が行われているとも言えます。他の都合というのは、様々な事情が絡んでくるので、個人的にお伝えする方がいいかもしれません。
もっと知りたい方は、もっと「わかる」もっと「楽しむ」♪マタニティクラスにぜひ参加して下さい。
お待ちしています。↓↓↓


会陰切開の事を産院選びの時点で聞くのはなぜかといいますと、

会陰切開にしろ自然に入る傷にしろ、傷があるかないかによって、産後の生活が大きく変わります。個人差はありますが、あのおしもの痛みさえ無ければ、育児ががんばれるのにと思うほど影響を与えます。

そんな気持ちになるほどの会陰切開を当たり前のように行われているのか、できるだけ行わずに、できることなら傷がないようにがんばってくれるのか(産院にとっては会陰がゆっくりと伸びて、傷が入らないように時間をかけて待てるかどうか)、産む女性を大切にしてくれる産院かどうかが少し垣間見れるのではないでしょうか?

その一点にこだわるつもりはありません。母子が無事に出産を終えることが何よりも大切なことは医療者も皆さんも理解しています。




また、出産は40週0日の予定日から遅れることもよくあることですが、通常41週1〜3日くらいになると分娩誘発といって人工的に薬を使って陣痛を起こして42週にならないように出産してもらうというのが一般的です。
どれくらいの時期に分娩誘発しているか、分娩誘発したら何日くらいかけて産んでいるかも聞くと面白いと思います。

たまに、誘発して次の日には帝王切開の予定を立てる産院もあります
初産婦さんなら特に2、3日はかけないと体が出産の準備ができないことが多いですので、それまで待ってくれるか、その間何をしてくれるかが医師の出産の腕の見せどころです。
2、3日ずっと激しい痛みがある訳ではないですので大丈夫ですよ。それくらいかかるんだと思うだけでも心がまえが変わりますよね。

分娩誘発は必要なことではあるんですが、出産の準備ができていない体に薬で人工的に陣痛を起こさせるなんて、自然な陣痛よりもうんと大変なことです。
難産になったり、痛い思いしたり、機械的な操作や内診が増えたりすることはあるので、自然な陣痛に越したことはないですね。
自然な陣痛は40週の終わりくらいには出てくることも多いので、40週0日からの誘発もどうかなーと思います。
この数日の差は大きいんですよ

まずは自然な陣痛が来るように妊娠中に時間をかけて心もからだも準備しなければいけないのは言うまでもないです

またまた長文になってしまいました。
出産編はこのあたりで。
細かなケアは助産師によっても差があるので産院選びの時に聞くのはこれくらいでしょうか
いろんな意見があると思いますので、これは私個人の助産師としての意見です。
参考になれば幸いです。
読んで下さり、ありがとうございました