こもれび助産院のブログにお越しいただき、ありがとうございます。
助産師の田嶋恵子です。


最近、一歳の子がいる友人に

「私、育児に向いてないかも。

だって、いらいらするもん。」


特に初めての子育てを体験している皆さんは、一度ならず何度もそんな事思ってませんか

私もそう。

友人に言われてみんな同じような事を思うんだなーとまた久々に思いました。


こんな仕事してるのに?私もって?
そう思われる方もいるのではないかと思いますが、そうなんですもん。
これはそうなんですよ。
仕方ないんです


2人目の育児になったころから、
その思いは普通なんだと開き直れるようになりましたが、1人目の時はそんな事思うなんて、なんて母親だろう…と罪悪感を持ってました


子どもが寝たら、プチ贅沢なオヤツしようと思ってたのにすぐに起きちゃった。チッ!

今日は久しぶりの外出だと思って楽しみにしてたのに、準備に手間取り、予定よりだいぶ遅れているのに未だに出かけてない。もうやめようかなー。

今日は体がなんだかだるい。だけど、子どもはいつも以上に抱っこ抱っこコール。子どもより私が寝たい。そんなんでも、ダンナは今日も帰りが遅い。はー。

出先で帰ろうと思ったら、子どもが寝ちゃった。食材買って帰ろうと思ったのに、どうしよう…。動かすの起きちゃうし。


こんなグチ、日常茶飯事でした。

調子がのらない日もがんばるしかない。
たまには自分のペースで動いてみたい。
ゆっくりお風呂に入りたい。
誰か子どもを抱っこしてくれないかな。
今日も会話できるような人と会わなかった。誰かと気楽に話したい。

自分の事はあとまわし。
そればっかりじゃ、イライラするもんですよ。
私は一歳で病院勤務に復帰したので、その頃、自分のペースで仕事が終わるのが快感に感じました。
それだけ子どもには振り回されてるって事なんだと実感しました。

子どもの事はいつもかわいいと思っていても、そんな風に思っていいんですよ
自分を許してあげて下さいね
↑これは、イオンでキャラカートに乗ったまま、娘ちゃんが寝てしまったんですが、倒れてくるので、大好きなポポちゃんと一緒にスリングでまかれてもまだ寝続けている写真です
こんな荒っぽい事は一度くらいしかしてないですが、困った末に編み出した策です。16キロくらいある子を抱っこするのは腰痛覚悟ですし、ねんねできるカートは寝た子を起こさずに寝せる構造になってないので、仕方なく…。短い時間でしたが、すれ違う人にチラチラ見られました。首の角度を逐一チェックしてました。
こんな荒っぽい事はマネしてはいけませんが、こんな事もできてしまうほど図太くなりました

最後まで読んでいただきありがとうございます。

こもれび助産院お問い合わせはこちらから